要望と条件を読み解く

ONE HOUSE

札幌市東区・Sさん宅

間口9m奥行27mの細長い敷地に「バリアフリーの家をつくってほしい」と、依頼を受けた。クライアントはご夫婦2人で、要望は足が不自由な奥さんに合わせた機能的な配慮と、だからといってそれらが全面的に現れるようなデザインにはならないようにすること、そして何より「楽しい家」だった。

単純に考えると、幅が狭く奥行きのある土地では、歩く距離が長くなり不利になる。しかし、普段は手すりなどでの歩行移動が主ということなので、スムーズな動線でありながらも、歩くことが苦にならない空間づくりができれば、それが楽しさにつながるのではと考えた。

機能面では、車椅子も含めた動線を留意し、廊下も排している。例えば、車から降りてすぐ室内に入れるようにアプローチを兼ねたカーポートから、木製の玄関引戸を開けて家の中に入る。キッチンから洗濯コーナーと家事動線がつながり、衣類を収納・脱ぎ着できるようにクローゼットまたは洗面脱衣室が隣接する。浴槽まで座って移動できるように、脱衣室からつなげてベンチを作った。また、動きのシミュレーションも都度確認しながら、スペース配分や高さ・幅などの寸法も調整している。

さらに、この家の最大のポイントは、内外が一体になるテラスである。リビングの窓を開けると、奥行約5.5mのテラスから庭へと続き、家にいながらも外へ外へと意識を開放してくれる。外の気配という安心感だけでなく、気軽に出入りができる身近な空間である。しかも家事動線上に洗濯コーナーもあるので、陽当たりも良く日々の家事が気持ちよく行える。

他にも、キッチン・ダイニングにはハイサイドを設けて明るく料理を楽しんだり、気軽に腰掛けられる小上がりスペースや、天窓のある浴室、本棚に囲まれた図書コーナーがある。これらはクライアントとの会話から生まれた有意義なプランだが、住み手の中に介在している生活環境をすべて読み込むことができたかは分からない。でも、安心感とわくわく感が同居する、空気がゆったりと流れるようなこの空間こそが、この家の住人のためのものになったはずだ。

「バリアフリー住宅」という特別な方程式を解くのではなく、求めている機能や住まいに対する夢や望みを、会話を通して読み解いていくのだと、私たちは改めて考えさせられた。
(文/湊谷 みち代)