はじまり

2004年に発足したエム・アンド・オーは、当時、札幌市中央区宮の森にある築40年の古びた木造家屋を事務所として使っていました。今は解体されてなくなってしまいましたが、とても愛着のあった事務所でした。なぜなら、独立して間もない私たちが、仲間たちの手を借りながらセルフビルドで改修工事をした場所だったからです。

カフェや雑貨屋と間違われるようなオープンな雰囲気。さまざまなイベントや展覧会も不定期に行い、誰でも気軽に入れる路面店のようだった宮の森の事務所。それが、m+oの原点です。

それから

2013年、札幌市西区発寒に新事務所として10坪のオフィスビルを建て、移りました。この地域は市内中心部から少し離れた場所にあり、古い街並みが残っています。札幌といえば一般的には、碁盤の目のように規則正しく整備された街並みの印象が強いですが、琴似発寒川より西には、斜めに区画された地域があり、それによって生まれた不整形な土地が多く残されています。その一角にある小さな土地に、現在の鉄骨造3階建ての小さなオフィスビルをつくったのです。限られた敷地の中で、必要なスペースを効果的にデザインした現在のオフィスは、宮の森の事務所とはまた違った意味で、変化に富んだ楽しい建築になりました。

これから

エム・アンド・オーはひとつのデザインを2人で考えています。私たちが心がけているのは、クライアントとの「会話」です。日々の暮らしや趣味の話から、これからつくり上げていく「住まい」のことまで、意見や考えを率直に話し合うクライアントとの時間を大切にしています。そこからふさわしいと思われる住まい方を私たちなりに読み解き、この人、そして、この土地にしかない「テーマ」を見つけ出し、住まいをつくります。それが私たち2人にとっても、本当に住みたい、暮らしたいと思える気持ちのよい建築なのです。これからも、クライアントと心から共感しあいながら仕事をしていきたいと考えています。

  大塚達也 湊谷みち代
  代表取締役
一級建築士
日本建築家協会(JIA)会員
北海学園大学非常勤講師
取締役・管理建築士
一級建築士
日本建築家協会(JIA)会員
日本建築家協会(JIA)登録建築家
北海道芸術デザイン専門学校非常勤講師
1966   北海道札幌市に生まれる
1970 北海道苫小牧市に生まれる  
1989   北海道工業大学建築工学科卒業
1989   岩見田建築設計事務所入社
1990 室蘭工業大学建設システム工学科入学   
1994 室蘭工業大学建設システム工学科卒業  
1995   ナカヤマ・アーキテクツ入社
1996 室蘭工業大学大学院建設システム工学修了  
1996 中井仁実建築研究所入社  
1999   ナカヤマ・アーキテクツ退社
2000   ミナトヤミチヨ建築事務所設立
2003 中井仁実建築研究所退社  
2004 一級建築士事務所 エム・アンド・オー 設立
2008 株式会社 エム・アンド・オー に法人化
2013 事務所を中央区宮の森から西区発寒へ移転し現在に至る。
事務所の住人 アルネ(オス猫)
年齢 推定13歳
好きなこと 寝ること
ひとこと m+o設立時から飼っている猫で、
事務所に住んでいます。
猫アレルギーの方はご注意ください。